任意売却電話相談│任意売却するメリット

任意売却するメリット

住宅ローンの借り手には、任意売却することで、競売と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

最大のメリットは、住宅の売却代金が任意売却の方が競売に比べて高額となり勝ちということです。
住宅の売買価格が高くなればなるほど、債権者への弁済額が多くなる、つまりは残債務が少なくなります。

 

 

次に、競売になると、住宅ローンを滞納していること、自宅が競売にかかることなどが公開されてしまいます。
近隣、勤め先等に知られてしまうことがあります。
任意売却の場合でも、購入希望者が物件を実際に閲覧しにくることはあります。
ですが、競売では場合によっては大量の人が物件を見に来る可能性もあります。

 

最後に、任意売却は売却後の債務返済とセットで金融機関と交渉することができます。
これが競売の場合には、競売後に債権者と交渉する余地は通常はありません。

 

以上が債務者にとってのメリットです。

住宅ローンの貸し手にとってのメリット

次に住宅ローンの貸し手にとってのメリットとしては、競売手続きよりも迅速な債権回収を図れる点が挙げられます。

 

また債務者のメリットと同一のものとして、回収額が多くなることが期待できます。

 

さらに、任意売却は債務者が主導して行うことになりますので、債務の弁済意思を確かめることができます。

 

しばしば任意売却のメリットとして、売却に係る諸費用(登記代、場合によっては不動産屋の仲介手数料)を債権者が負担すること、が挙げられています。

 

また、場合によっては引越代まで債権者が負担してくれる可能性がある、ことも挙げられています。

 

短期間でも現金を用意することが困難であれば、とても助かるのではないかと思います。