任意売却の無料相談| 住宅ローンが残ってしまったら

住宅ローンが残ってしまったら

 過去の記事で紹介しました住宅の売却方法で、住宅ローンを完全に返済出来ない状況になることもあります。そのような場合はどのように対処をすればよいのでしょうか?なお、これはどのような返済方法を取ったかによって回答が異なりますが、一般的な例をいくつかあげてみようと思います。

 

 

 1つ目の場合は、売却価格とローン返済額が足りなかった場合に差額を一括で現金払いする方法があります。そうすることによって、完全に借金から解放されてまた新たな生活をスタートさせることが出来るのです。

 

 2つ目のケースとして、上記の場合に差額を現金で一括の用意が出来ないケースの場合です。この様な場合は引き続き返済義務が発生しますが、以前に比べて月々に返済する額は大分考慮してくれる方が多いです。例えば、以前は月に8万円の返済でも、売却後は月に4万円の返済になる、という返済額の値引きを行ってくれるのです。

 

 売却後にローンが残ってしまった場合の対処としましては、(1)差額を現金で一括払いする (2) 差額を現金で一括払い出来ない場合は、残りの返済額を分割で返済していく、の2点の対処方法があります。ここで1つ注意なのが、決して家を売却したからといって、必ずしもローン返済が完全に終了するのではないということを、覚えておいてください。